1. 「論理」だけで人は説得できない

    他人を説得しようとする時に、その人を「論破」してしまう人がいる。

    そうしたくなる気持ちもわからないではない。「説得する」というのはすなわち相手に意見を変えさせるということなので、素朴に考えると相手に意見を放棄させればいいということになる。もっとも、このやり方がうまくいくことはそんなにない。どんなに正論でも、意見を否定されると人はいい気持ちにはならない。実際にはそれはあくまで「意見」の否定でその人の「人格」を否定したわけではないのだけど、多くの受け手はそんなふうに好意的に解釈をしてはくれない。

    AさんとBさんがお互いの意見を聴衆に向かってスピーチして、聴衆がどちらか正しいか決める、というのであれば「論破」もいいだろう。AさんがBさんを論破した結果、Bさんはとても嫌な気分になるかもしれないけど、この場合の意思決定権者はBさんではないのでまあ問題はない。しかし、「説得」の場合は意思決定をBさん自身が行うことになる。Bさんの機嫌を損ねないことは、ある意味論理の筋を通すこと以上に大切だ。

    そう考えると、いわゆる「ロジカルシンキング」というのは万能の技術でも何でもないということに気づく。もちろん、論理的に考えることは重要だし、論理的にプレゼンすることも重要だ。しかし、誰かを説得することが最終目的だとしたら、論理だけでは全然足りないということになる。正しいことを言うことよりも、相手の信頼を得ることのほうがずっと重要になる。

    この「相手の信頼を得る」というのがめちゃくちゃ難しい。ロジカルシンキングは、乱暴な言い方をすれば、何冊かそういう本を読めば誰でも身に付けることができる。しかし、相手の信頼を得るというのは、本を読むだけではどうにもならない。もちろん、本を読んだりすることで学べるものもあって、例えばデール・カーネギーの『人を動かす』とかにはそういう「コツ」もある程度載ってはいるのだけど、それでも本で学べるようなことは限られている。どうしても実地訓練が必要で、試行錯誤の末に少しずつうまくなっていくしかない。自分があまり得意ではないということもあって、こういうスキルに長けた人に出会うと、純粋に「すごいな」と思う。

    「論理的に考えられること」と「相手の信頼を得られること」は、言ってみれば車の両輪のようなもので、両方をバランスよく身につけていることが重要だ。どちらかに偏りすぎないように気をつけたい。

    http://dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2013/11/29/205917?fb_action_ids=10201774669106455&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%5B471368496317000%5D&action_type_map=%5B%22og.likes%22%5D&action_ref_map=%5B%5D

     
  2. RIP

    acehotel:

    Yesterday Alex Calderwood passed away.

    Alex was our teacher, mentor, guru and most importantly our dear friend.

    We will miss him.

     
  3. ihearthorwitz:

    two more from The Projects weekend, and two of my favorites. i love sweaters and cute eyebrows.

     
  4.  
  5. 唯一、ネットで爆発的な拡散力があるのは、ヤフーのトップページくらいだが、もはやあのページはネットというより、1対Nで大量の視聴者を持つ、テレビ的な媒体と考えるべきだろ。
     
  6. Volkswagen Suite - Cannes Lions 2013 (by SaladoUnltd)

     
  7. The paradox of our time in history is that we have taller buildings, but shorter tempers; wider freeways, but narrower viewpoints.

    We spend more, but have less; we buy more, but enjoy it less.

    We have bigger houses and smaller families; more conveniences, but less time;

    We have more degrees, but less sense; more knowledge, but less judgment; more experts, but more problems; more medicine, but less wellness.

    We drink too much, smoke too much, spend too recklessly, laugh too little, drive too fast, get too angry too quickly, stay up too late, get up too tired, read too seldom, watch TV too much, and pray too seldom.

    We have multiplied our possessions, but reduced our values.

    We talk too much, love too seldom, and hate too often.

    We’ve learned how to make a living, but not a life; we’ve added years to life, not life to years.

    We’ve been all the way to the moon and back, but have trouble crossing the street to meet the new neighbor.

    We’ve conquered outer space, but not inner space.

    We’ve done larger things, but not better things.

    We’ve cleaned up the air, but polluted the soul.

    We’ve split the atom, but not our prejudice.

    We write more, but learn less.

    We plan more, but accomplish less.

    We’ve learned to rush, but not to wait.

    We build more computers to hold more information to produce more copies than ever, but have less communication.

    These are the times of fast foods and slow digestion; tall men, and short character; steep profits, and shallow relationships.

    These are the times of world peace, but domestic warfare; more leisure, but less fun; more kinds of food, but less nutrition.

    These are days of two incomes, but more divorce; of fancier houses, but broken homes.

    These are days of quick trips, disposable diapers, throw-away morality, one-night stands, overweight bodies, and pills that do everything from cheer to quiet, to kill.

    It is a time when there is much in the show window and nothing in the stockroom; a time when technology can bring this letter to you, and a time when you can choose either to share this insight, or to just hit delete.
    J

     
  8. もう一つは友人のタレント加藤浩次(44)に「そんなのやってる暇あったら、本一冊読んだ方が自分のためになるぞ。周りの奴らがそういうことやってる時間を、お前が違うことに当てれば自分の力を伸ばすチャンスじゃん」と忠告されたこと。「言い返す理由もないし、100%納得」だったからだという。
     
  9.  
  10.  
  11.  
  12. saikoito:

レンジフードに注目w

    saikoito:

    レンジフードに注目w

     
  13.  
  14. 米Google、アドバトリアル(記事広告)が混在するメディアをニュース検索から排除すると表明

    http://www.sem-r.com/news-2013/20130329164519.html

     
  15.